『防犯モラルジレンマ学習』映像教材

キャラクター

まちで子どもにあいさつしたら無視された、不審者あつかいされた、という経験はありませんか?

防犯教育では、「人に親切にすることと、犯罪に遭わないようにすることを子どもにどう教えたらよいか難しい」という声をよく聞きます。

一方、子どもも、大人からの『声かけ』に対して、善意の声かけなのか、不審な誘いなのかわからないので、対応に迷ってしまうことがあります。危険をしっかり断ち切るのはもちろんのことですが、子どもには人を避けるだけでなく、地域の一員として人々と共に暮らすことのできる人になってほしいものです。

この映像教材は、単に防犯テクニックを学ぶだけでなく、知っている人、知らない人にかかわらず、相手に配慮した対応ができるよう子どものこころを育む、道徳的視点を取り入れた新しい防犯教育教材です。ご家庭や放課後子ども教室、学童保育などで、大人と子どもが一緒に映像を見て、迷った時の対応を体験して学んでいただけます。声かけ時の子どもの迷いを『防犯モラルジレンマ』と名付けました(宮田.日本子ども社会学会2016)。

目的と使い方

子どもが大人から声をかけられる場面で生じる迷いを緩和し、必要に応じて自信をもって対応できるスキルを身に付けることをめざします。犯罪防止だけが目的ではありませんので、映像を見る前の先入観をなくすために、子どもには連れ去りや防犯に関わるビデオであるとは伝えずに、日常生活のこととして映像を見て、体験してください。

映像教材は以下のように4種類に分けられています。
用途に合わせて映像教材をお選びください。
一般向け(解説入り)
一般向けの映像教材は、主にご家庭、放課後子ども教室、学童保育、地域の子ども会などで、大人と子どもが一緒に見て学んでいただくことを想定し作成しています。
実写とアニメーションで進行していき、子どもが一人で見ても学習できるよう分かりやすい構成になっています。
教育経験者向け(解説なし)
教育経験者向けの映像教材は、主に教育関係のOBの方、もしくは子どもへの学習指導に慣れている方が、地域活動などの場で使用していただくことを想定し作成しています。
大人と子どもが話し合いながら学べるように構成されています。
全編、実写で進行していき、迷った時の対応を話し合えるようになっています。
練習編
この映像教材は、実際に声をかけられたときの対応を練習する際に使用していただくことを想定した構成になっています。
実践編
緊急時はどのような行動をとればよいのかを解説した映像教材です。
様々な対処法を学ぶことが出来ます。

映像教材

※お使いのPC環境やブラウザによって閲覧出来ない場合があります。

一般向け
(解説入り)

対象 幼稚園年長~小学校2年生
収録内容
  • ・自分が困っている編
対象 小学校3年生~小学校4年生
収録内容
  • ・自分が困っている編
  • ・他人が困っている編
対象 小学校5年生~小学校6年生
収録内容
  • ・自分が困っている編
  • ・他人が困っている編

教育経験者向け
(解説なし)

対象 小学校3年生~小学校4年生
収録内容
  • ・自分が困っている編
  • ・他人が困っている編
対象 小学校5年生~小学校6年生
収録内容
  • ・自分が困っている編
  • ・他人が困っている編

練習編

ことわる練習
収録内容
  • ・自分が困っている場面
ことわる練習
収録内容
  • ・他人が困っている場面

実践編

エマージェンシー!編

付属教材

著作権について

本映像教材および補助教材等の著作権は、宮田美恵子、NPO法人「日本こどもの安全教育総合研究所」に帰属します。許可なく複製、転載、転記等は固くお断りします。

*この映像教材は、独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」に助成をいただき、㈱NHKエデュケーショナルによって制作されました。
非営利目的の青少年教育活動で使用する場合にはご連絡ください。

感想を募集しています!

映像をご覧になった感想を募集しています。また、学習会などの実施後レポートも募集しています。お気軽にcpmd-ed@kodomoanzen.org『防犯モラルジレンマ学習』担当宛てにご意見、ご感想などをお寄せください。

学習会や授業をサポート!

研究所では「防犯モラルジレンマ学習」の学習会、研修会、授業サポートを行っています。ガイドブックやテキストを基に、子どもと大人のサポートをします。
cpmd-ed@kodomoanzen.orgへご連絡ください。

会員入会について
協賛企業の募集