安全教育プログラム

ミヤタ先生のぼうはん体験学習プログラム

犯罪から自分を守る!体験学習プログラム

子どもを犯罪被害に遭わせないために、自分で自分を守るための知識と行動を学ぶ「体験学習プログラム」による授業を行っています

なぜ子どもの安全教室に体験型が適しているのでしょうか。
研究所では、小・中・高校生を対象とした全国調査を実施しました。
2010年の調査結果をみると、声かけ、凝視、つきまとい、追いかけなどの行為を経験した小学生はおよそ15%でした。
そのうちのおよそ18%は、その時、向けられた行為に対して何ら対応することができなかったと回答していることからも、緊急時の安全対策は、知識を学ぶにとどまらず、それを体現できることが大切です。

そのため、研究所では、体験学習のためのプログラムを作成すべく、子どもの防犯力に関する調査、研究をすすめました。
たとえば、家庭や学校などでは、犯罪に巻き込まれそうな緊急時、子どもに大きな声をあげたり、防犯ブザーを鳴らして人に伝えるように指導しますが、現実にどれほど実行できるのでしょうか。さらには、子どもはどれほどの大声があげられるのでしょうか。

そのほかにも、子どもはいわゆる不審者をどう認知するかなど様々な調査や計測等を行い、子どもの防犯力を調べました。体験学習プログラムは、こうした子どもの力を基にして、作成しました。
これまでに全国各地の学校などで子どもたちと実践を重ね、学習の効果測定も実施しています。

プログラムの1つに、『ノー・ランドセル』があります。
これは、緊急時には大切なランドセルさえも手放し、身軽になって命を守る行動をするというものです。
ランドセルは教科書等を詰めた状態で3〜4㎏ほどあり、子どもが背負ったまま大人から逃れるのは大変です。
それを手放すことで、有利な行動ができるデータが得られたことから、プログラムに加えました。

ノー・ランドセル

『ノー・ランドセル』の指導は、この研究による数値を基に当研究所で考案しました。

調査・実験データと子どもたちとの協働から生み出されたプログラム

安全教育プログラム 安全教育プログラム

このように、緊急時、子どもがなすすべなく被害を受けることのないよう、大切な自分の命や体を自ら守ることのできる防犯力を身に付けるための体験学習が必要です。
さらに研究所の行った調査・実験によって、緊急時の子どもにはとっさに“取りやすい行動”“取り難い行動”があることも明らかになりました。

例えば、自分の危機を周りの大人に「伝える」行動(防犯ブザーを鳴らす・声をあげる・誘いを断る)は、取り難い行動であることが分かりました。

そのため「伝える力」と「求める力」を学習するプログラムを作成し、取り難い行動をやりやすく、取り易い行動はさらにやりやすくするための体験学習プログラムを策定したのです。

  • 伝える力(断る、叫ぶ、鳴らす)
  • 求める力(駆けこむ・助けを求める)

2つの力を高める「伝えるプログラム」「求めるプログラム」から成ります。
これまで、全国各地の小学校などで実践してきました。

会員入会について
協賛企業の募集